怠惰

怠惰である自分が嫌いという怠惰を。

長谷川白紙『毒』聴いてたら涙出てきたっていうのと、依存ですらないよねっていうお話

別に歌詞に共感してとかではないです。私はあまり歌詞を聴かないので。

でもなんかとんでもなくウワアっとなってしまって。何なんでしょうこの感情は。切なさ?快でもあり少し不快でもある。

 

草木萌動

草木萌動

 

 

 


長谷川白紙 - 草木

 

毒がYouTubeになかったのでこちらどうぞ。

 

わけわかんないリズムだし歌詞もよくわかんないんだけど、気持ち良いというか酩酊状態というか。小難しくないんですよね。リズム複雑だけど身体動いちゃう、みたいな感じ。

まあ耳の早い方々からしたら今更長谷川白紙の話すんのかよって感じだと思いますから詳しくこねくり回しはしません(できません)。

 

全然話は変わるんですけど、今私ダイエットしてるんです。自炊を再開したのですが、食材はほぼ鶏肉と玉子と豆腐とその他野菜。もやしは貧乏学生の味方ですね。

なんか不思議ですよね。彼氏がいたころは痩せようと本気では思っていなかったんですけど、半同居人ができてからダイエット始めたし脱毛も本当に契約してしまったし(今日初めて行ってきた)。まあ彼が割と辛辣というかそういうのもあってだと思いますが。やっぱり契約していないからこそ、いつ離れてしまうかわからないからこそ、こうなってしまうのかなとも思ったり。

 

なんか私は、メスになりたくないっていう願望があるんですよ。だから所謂「女の子」っぽく振舞うのが恥ずかしいし、自分からアプローチなんてできないし、メスっぽく色目使うなんて到底無理。できない。

ネチャネチャとした嫉妬とか束縛とかそういうのもしたくないんですよ。メスっぽさだし汚いし、そんなの。

 

でも本当はそういうのしたいし、されたいんです。現に今してるし、されてるし。

相手からされるのはまあ仕方ないこととして、自分がするのはちょっと違うなあと思ってしまう。こういう形をとっている(=付き合ってはいない、契約を結んでいない)のは私だし、メスっぽいの嫌だし。だから表には出していないし、むしろ「いつでも離れていってくれていいから」とは言っているけれど、本当は他の人達と楽しそうに笑わないでほしい。私の知らないきみを他の人に見せないでほしいって思ってしまう。

不思議ですね。元彼にそんなこと思ったことあったかな。

 

でもこれは愛情ではなく愛着でもなく依存ですらなく利用であることは私が一番わかっています。

彼はもしかしたら私から離れていってしまうかもしれないから他の人との接触をできるだけしてほしくない。他の人のところに行ってしまったら一緒に食事をとってくれたり話し相手になってくれたり好きだと言ってくれたりする人がいなくなってしまうから。

最悪ですね。

 

でも唯一救いがあるとすれば、代替は不可能であることではないだろうか。他の誰でもいいなんて思ったことはない。その役は彼の人格を持った彼でしか成り立たないとは思っている。話し相手になってくれる人は他にもいるかもしれないが、彼として話し相手になってくれる人は彼しかいないでしょう?

 

そんなことを言い訳にさせてください。

 


ずっと真夜中でいいのに。「サターン」ベース弾いてみた

Officialのフルがなかったので

海とペンギンとSIRUP

GWはほとんど引きこもっていた私だけれど、海に行ってきた。

 

彼が朝10時に迎えにきてくれた。思いきり鼻声だった。指摘すると「わかる?!」と驚いていたのでこちらが驚いた。えげつない鼻声だぞ。

まずはこの前飲めなかったイチゴのフラペチーノを買いにスタバへ向かった。前回めちゃめちゃ優しい店員さんが名前を書いてくれちゃったりなんだりしたのだけれど、今日はいらっしゃらなかった。同じ学科の後輩がバイトに入っていて少々気まずいものを感じながらスタバを後にした。個人的に赤いやつの方が好き。おいしい。イチゴみがすごい。もう完売してしまったのかしら、紅茶のフラペチーノも飲みたいな。

 

普通なら海まで1時間半あれば余裕で着くのだけれど、さすがはゴールデンウィーク。2時間ほどかかってようやく到着した。でも長いとは感じなかった。前回までであれば、途切れ途切れの会話でこちらはヒヤヒヤしたものだったけれど、そういうリズムの関係なのだと割り切ってしまえば沈黙さえ心地よい。し、会話も弾んだし。

 

f:id:shinrutyu:20190507204553j:plain

雨予報だったのにとてもいい天気でよかった。心が洗われた。

初めはしみじみと昔を振り返っていたのだけれど、「海、割りたくない?」と向こうが言い出したので、途中からは海を割る能力の活用法について討論した。彼はARuFaさんと恐山さんを目指している。

 

その後は水族館に行った。デートかと思った。

f:id:shinrutyu:20190507204545j:plain

オアシスのジャケットみたいになった

イルカショーを見たり、ペンギンを見たり、クラゲを見たりしていたらいつの間にか17時を回っていた。混雑は避けたかったので早めに退散することにした。の、だが。

めちゃめちゃ渋滞に巻き込まれた。

 

大学の方に帰ってからご飯を食べようと思っていたので割と極限状態のふたりだったが、バカみたいな話をしてゲラゲラ笑ったり、周辺の車を毒づいたりして何とか自我を保った。

そのうちに、互いのオススメ曲を流すという流れが始まった。

 

私が前々から推していたのが、もうすでに話題のKing Gnu


King Gnu - あなたは蜃気楼

デュエットするなどした。ちなみに私は井口さんパート。

 

向こうは美波のライラック


美波「ライラック」MV

この曲に限らず美波さんの曲はサビがめちゃくちゃキャッチー。キャッチーすぎて逆に避けたくなってしまうほどだ(個人の感想)。

 

そして次はSIRUPのDo Wellをかけた。


SIRUP - Do Well (Official Music Video)

のだが、向こうがこの曲をCMで知って聴いていたので、SIRUPの別の曲を流そうと思い、LOOPをかけた。

 


SIRUP - LOOP (Official Music Video)

 

で、聴いてくださった方ならばわかると思うのですが、2番の歌詞……

「今日はどこへ行こう?」
話しながら Driving
ほんとはこうしているだけでGood day

ちょっとだけスピード
落としていい?
君の話が
ゆっくり聞きたいから

何度も目の前現れる
赤青黄色のThe third wheel
焦らず急がず乗り越えよう
You know, You know?

ハンドル回す オレンジ色の空
反射する 歪むバックミラー
トンネルは連れてく 数秒後の未来
あの先の光は 君と見たい

アーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ

 

このドライブ中にこれをかけるのは意味深すぎる。いやでも故意でないことはわかっているはず、でも、アアアーーーーーーーーーーーーーーー

となりました。はい。

 

まあ何とか普通に会話をして、ご飯を食べ、4時間ぐらい居座って帰宅した。誕生日が同じ月なので、もう一人誘って三人で誕生日パーティーをしようという約束をした。

 

久々に心臓がギュウウウウンとなった。迂闊なことはするまいよ。友達を減らしてなにもいいことはないだろう自分よ。

CRCK/LCKSの伝播

「くらっくらっくすって知ってる?」「くらっくらっくす?」

帰省していた先輩が東京に帰ってきた。飲まないかと誘われたがそんな気力はなかったのでお断りすると、こう尋ねられた。

先輩のことだからきっとバンドとかグループなんだろうなと思ったけれど、その「くらっくらっくす」という名前は聞いたことがなかった。

「帰省して先生とドライブしてたら、車内でずっとクラクラのアルバムがかかってて。はまっちゃった」「へえ、そうなんですね」「ドラムがね、石若駿っていうんだけど。すげーいいの。キレが違うっていうか。」「粒がキテるっていうか?」「そうそんな感じ」「へーくらっくらっくす。聴いてみようかな、どう書くんですか?」「CRCK/LCKS」「初見殺しでしょこんなん」

 

Apple Musicユーザーの私はすぐに検索して、聴いてみた。その時はあまり、というか全然ぴんとこなかった(たしかにドラムはキレが違うっつーか、って感じではあったが)。

でも、生活を共にしていくうちに、徐々に「ああ、いいなあ」と思う瞬間が増えてきた。難しいことは全然わからないからなんとも言えないんだけど、まず声がいい。そして、音の重なりは厚いはずなのにすごくシンプルに聞こえてくる。難解なリズムも説得力がある。整理整頓されている音楽という感じ。見せる収納、みたいな。

 

まあとりあえず聴いてくれ。

 

 

 

 

 

CRCK/LCKS

  • J-Pop

 

 私は『傀儡』が好きです。

 

Lighter

Lighter

 

 

平成という時代に置いていかれた

平成最後の夜は結局ひとりで。

 

昨夜、酔っ払った先輩から電話がかかってきた。後輩と飲み会をした後だったようで、これから帰宅するかバーに行くかどっちがいいかと訊かれた。もちろんバーに行ってくださいと答えた。じゃあ、バーから帰ってきたらまた電話するから待っていて、と言われた。その時点で結構酔っ払っていたので期待はしていなかったのだけれど、1時間くらい経って電話がかかってきた。

先輩はさらにベロベロで、呂律が怪しくて、やわやわな声になっていた。「なんで来てくれないの?」と何回も言われた。夜の東京。「あ、でも来てくれたら、ちゅーしちゃいそうだから駄目だ」と言われた。こういうところ、本当に嫌い。そして好き。

「じゃあ明日飲みましょうよ」ちょうど東京に行く用事があったので、そう提案すると「いいよお」と答えてくれた。久々だった。1か月以上会えていない。楽しみだった。

 

でも、用事が済んで電話したら、昨日のことは覚えていないそうな。で、二日酔いで今日は飲めないそうな。いや、いいんだ、なんならちょっと予想はできてたから。

 

 

平成は私にとってどんな時代だったかなんてわからないけれど、ただ、最後の夜は結局ひとりで。平成にぽつりと置き去りにされている気分です。お酒を飲みます。ありがとう。

元彼と飲みに行った

f:id:shinrutyu:20190428102047j:plain

元彼と飲みに行ってきた。互いの部屋に忘れていったものを交換するために。

 

一昨々日、大学内で元彼とばったり出くわした。ある程度の距離があってもすぐわかってしまう。向こうは自転車に乗っていたから、無視か会釈程度で済まされてしまうんじゃないだろうかと思っていた。しかし彼は降りてくれた。

「元気だった?」その声は変わっていなくて、安心した。「久しぶりだね」2か月ぶりだった。

長話をして、別れた。改めて、こういうところが嫌だったなあと思った。こういうところが好きだったなあと思った。

 

その日の夜にラインが来た。「忘れ物渡したいんだけど、明日会える? ついでにご飯も行こうよ」迷わず「いいよ」と返した。今なら楽しくご飯を食べながら会話できるかもしれないと思ったから。

 

そして昨日、私の家の近くの居酒屋に行った。「まさかまた飲める日が来るとはね」彼は笑った。本当にそうだと思った。別れた直後、辛くて辛くて、身がちぎれるんじゃないかと思うくらい泣いた。でも今こうして笑いあっている。なんだかおかしかった。

近況報告で会話も弾んだ。ご飯もおいしかった。友達としてなら今後もうまくやっていけそうだと思った。

彼氏の有無など恋愛に関することを訊かれて、まさか恋人じゃないけど半同居している人がいるとは言えず、彼氏はいないよと言った。疑われた。

 

カラオケに行こうと言われ、いったん荷物を置くために私の家へ向かった。彼を玄関にあげて、少し立ち話をした。そういえば同居人の歯ブラシをしまっていないなと気づき冷や汗をかいたが、気づかれなかったようだった。

そこで、抱きしめられた。

懐かしかった。考えるより先に涙が出てしまった。これじゃまだ、友達に戻れないと思った。カラオケにも行けない。

「今日は一緒にいたい」「何もしないから、お願い」

駄目だよ、駄目すぎるそんなの。私の2か月が泡になってしまう。今は楽しくとも、やり直したら絶対にうまくいかなくなることなんてわかりきっている。

 

その後も何度も同じことを言われたが、拒み続けて帰ってもらえた。自転車を押して歩く背中が遠ざかっていく。声を上げて泣きたかった。背中に向かって駆け出したかった。一緒にいたかった。

 

会えて楽しかった。でも、やっぱり会うべきじゃなかった。あるいは、まだ早すぎた。最悪なゴールデンウィークの幕開けだ。

海へ誘われた話

3月中はほぼずっと帰省していた。だから、大学の友達と遊ぶ機会はほぼなかった。お誘いも数件頂いたが、そのために帰るというのは現実的ではないためお断りした。

彼もそんな誘いをくれたひとりだった。

 

彼は委員会の同期で、優しくて整った容姿をしているのに卑屈で童貞という変わったやつで、思慮深い人である。私は彼のことが好きで、委員会の仕事中もよくしゃべったりなんだりしていた。

今年のバレンタインにはふたりでご飯を食べに行った(恋する女とチョコレート - 怠惰)。まあバレンタインというのはおまけで、彼の都合のいい日時に合わせたらそうなってしまったのだけれど。ホワイトデーのお返しにはちょっとお高めのケーキ屋さんかつカフェに連れて行ってくれた。

 

3月のある夜、彼からラインで写真が送られてきた。見ると、浴衣姿を鏡で映した彼の写真だった。唐突過ぎて思わず笑ってしまった。

一瞬彼女と旅行しているのかと思ったが、ホワイトデー時点で彼に彼女はなく、その後できていたとしてもこんなスピードで旅行に行くような人間ではないので、家族旅行だと踏んで返事をした。正解だった。カピバラが草を食んでいる動画も送られてきた。

「何か苦手な食べ物とかある?」お土産を買ってきてくれるなんて優しいなと思った。何でもいいよという意味を込めて「おかゆ」と返した。

 

その翌日に、彼から明日は空いているかと連絡がきた。北海道にいるんだよと返すと、じゃあ今度ごはんでも行かないかと誘われた。

前々から二人で行こうとしていたご飯屋さんがあったので、そこに行くことを決めた。

 

そして先日。二人でご飯を食べて、同期の恋愛の話から、就職の話や人生の話まで、色々な話をした。そんなに長居のできるようなお店ではなかったので、食べ終わってから彼の車に乗り込むと、「まだおしゃべりしたいな」と言われた。全く同感だった。話し足りなかった。

 

どこへ行こうかと話しながら真っ暗な夜道をドライブした。結局少し遠回りして23時までやっているスターバックスに入った。イチゴのやつが飲みたくて入ったが、売り切れていた。

そこでは将来の話をした。理想的な未来の話。楽しかった。私たちに共通している部分として、「陰」であるというのがある。別に陰キャとかそういうことではなく(まあそうだが)、根が陰。底抜けに明るい人といると疲れてしまう。彼といるのは居心地が良い。

 

スタバからの帰り道、ゴールデンウィークに海に行かないかと誘われた。

わたしは快諾した。

 

  異性と二人で海に行くというのは、どういうことなんだろうと思ってしまった。彼が以前好きだった人と行った海に、今度は彼と私で行くのだ。だからこそわからない。

変な期待をしてがっかりしたくないから、がっかりさせたくないから、ただの友達の振りをして海に付き合ってやろう、なんて思っている。

 

でもきっとこんなに楽しみなのは私だけなのだろうな。

Suchmosツアー『THE ANYMAL』@北海きたえーる(4/6) 感想

 

行ってまいりました、Suchmosのライブ! いつぶりだろう、2017年の豊洲PITかな?! そんなに前?! ちょっとこれは嘘かもしれない。でもワンマンは久しぶりだなあという感じでした。

 

今回、あまりアルバムを聴きこめなかったのが悔やまれる。記事もまだ1曲目のWATERまでしか書けていないし。

まあサラッと聴いた感じ、もうTHE BAYの曲をはじめとする初期の曲はやらないのかなーなんて思ったりはした。作風が違いすぎる。ロックバンドというよりブルースバンドに変貌を遂げたSuchmosのライブ、どんな感じになるのかなあと期待感が高まっていた。

 

ちなみに今回私は1回スタンド席の最前列だった。ちょっと遠かったけど視界を遮られることもなくストレスフリ~~~~~~!!!! ただ、私は人目を気にしてしまう性質なので立ったり座ったりをどうすればいいのか常に不安だった。勿体ないことをしました。

 

今回、後ろのモニターもうまく使われていて、演者の表情も観られた。やっぱり生の良さって演者がそこに存在していることも一つの要因としてあるから、満足度高め。

 

うろ覚えのセトリ

1. In the Zoo

2. RALL CALL

3. VOLT-AGE

4. MINT

5. WHY

6. STAY TUNE

7. You Blue I

8. FACE

9. ROMA

10. Hit Me, Thunder

11. HERE COME THE SIX POINTER

12. Indigo Blues

13. A.G.I.T

14. YMM

アンコール

15. WATER

16. Life Easy

 

ここからはうろ覚えの感想。

 

1曲目はWATERかIn the Zooだと思っていたので当たってうれしかった。今回のツアーから? 入場曲も落ち着いたものになっていて、そのまま曲に入ったので、アリーナの観客はSuchmosキタ! と立ったはいいものの棒立ち……って感じでちょっと面白かった。みんな直立不動だった。ちなみに私は座っていた。

RALL CALL、めちゃめちゃアガる曲なんだけど日和って立てず。座ったままリズムとりすぎて逆に迷惑……? と思ったり。イントロのブンブンブンブンブンブブンブブンでもうウワーーーーって感じ。声にエフェクトが入ってなくて音源のような解放感? は薄かったかな~~でもサビ(と呼んでいいのか)のスケール感というか立体感はマジで気持ちよかった。ライブ映えする曲。

で、ですよ、VOLT-AGEですよ。これは立つしかないやろ!!!! と勢いよく立ち上がったらお隣の女性も同じタイミングで立ち上がってわかるってなった。わかる。やっぱTAIKINGの熱量やばいわ、泣きのギター!!!

そしてMINT。あ、やってくれるんだ……って思った。ここで息を吹き返した古参もいたはず。お馴染みの超ウルトラスーパー贅沢カラオケも執り行われ、次の曲へ。

WHY。このアルバムの中で唯一(?)シティポップ然としたというか、R&B然とした曲だと個人的に思っています。ここに入れてきたか、という感じ。

でお馴染みのポルタメントが聴こえますと。DUMBOかなSTAYTUNEかなと思っていたら、YONCE「新曲です」。え?! 真に受けてしまった。思い切りSTAYTUNEでした。唐突なギャグよせ。MINT~STAYTUNEは割と親しみやすいというか、そんなに難解ではないし、曲中での展開も突飛ではない。このゾーンが終わったらどうなっちまうんだ……という気持ちになった。

ライブとしても第一段階が終了。ここから本当にコアな、新Suchmosが聴けました。

 

You Blue Iは、というかここからは、もうとにかく音の厚みがえげつない。なぜならギターが2、3人いるからだ。と思う。えげつない。情報量多すぎて脳内が飽和してしまった。この曲では後ろのモニターにアメリカの景色みたいなのが映し出されていた。世界観には合っているけど正直めちゃめちゃシュールだった。横浜みなとみらいの曲作ってたのにアメリカか~と感慨にふける私でした。

FACE。曲間はなかった気がする。ドゥ、ドゥドゥルドゥドゥという印象的なベースのリフでオオッ……となった。2016年の『LOVE&VICE』に収録されている曲だが、この並びでも違和感なく聴けた。ただもうアレンジが全然違った。重い。重い。それもまた良かった。

そしてROMA。これはソロがもうバシバシにキていた。めちゃくちゃドーパミン出た。

Hit Me, Thunderは、YONCEがギターを手にしてひとりスポットライトを浴びながら弾き語る様が脳裏に焼き付いている。立ち尽くしてしまった。めちゃくちゃ長尺だった。でも彼らがやりたいことって今はこれなんだろうなというか。これについては後述する。あといつも、「何もかもわからなくなってくだけ、当たって砕けるだけ」でちょっと笑ってしまう。踏み方よ。

HERE~。思ったけどROMAからアルバムの曲順まんまだね……。本当にもっと聞きこんでから参戦したかった。お恥ずかしい限り。ここから座って聴いていたんだけど、めちゃくちゃ眠くなった。悪い意味ではなく、いい意味で軽めというか。フワフワした状態でも聴きやすい曲。ただ、ライブでは「もどかしいぐらい~」から厚いハーモニーがグワーーーと来たので驚いた。洗われた。何を?

Indigo Blues。めちゃめちゃくちゃくちゃ長尺。音源もだけど。そして厚み。ギター多すぎてもうわけわからん。こういうトランスを楽しむという解釈で合っているのだろうか。助けてくれ。ソロ回しまくってもう何が何だか分からなくなって、いきなり本筋にドキュンと戻るからびっくりした。良いけど。

で、ここで、A.G.I.T.。ボカァ耳を疑った……一瞬なんだっけこの曲???? ってなった。ここで息を吹き返s(略)。そしてYMM。文句なしにかっこいいっすよ、エエ。

これで本編が終了。STAYTUNE、アジト、YMMのアレンジは、本当に洗練されている。引き算したのかしらって感じ。今回のアルバム曲との対比がえぐい。

 

アンコールは、時計の音?でお馴染みWATERから始まり、ここでやっと自己紹介。遅い。そしてLife Easy。この曲が一番というか別格で好きなのでやっていただけて本当に感謝です!!!! ってなった。まあミスはご愛嬌ということで。

 

今回のライブ、すごく良かったです。でもやっぱり着いていけないファンもいたと思う。そういう声が実際聞こえたし。それはマジでしょうがない。方向性変わりすぎだから。誰も異を唱えないのがすごいよな。同じバンドの曲かよ? って感じでしたね。

あと、すごく声というか歌に焦点を当てているんじゃないかな~と思った。でもそれ以外のところはめちゃくちゃソロ回したりしていて、会話みたいな感じもしたり。でも歌メインかな……歌詞も聴き取りやすいものだし、音量自体も以前のライブと配分が違った気がします。

というかさ、彫っちゃったんだよ、HSUとYONCEが。腕と腹に。「幸盛」タトゥー。いや、アホすぎる。すごい、すごいよ本当にSuchmosって……。一生続ける覚悟なんだって思った。というか続ける続けないではなく本当にやりたい音楽をやっているのだなと思った……。趣味じゃん……。好きなことで、生きていく……。最高。

 

彼らについていけば新しい世界が見えてくるのだと思う。とりあえず9月のライブ楽しみです。